最近の記事

2008年06月23日

資格で起業か開業か?

資格をとって開業する!よく聞く言葉です。でも、成功は難しいでしょう。

なぜ?資格があるだけでは食えないから。資格があるだけでは仕事はこないから。

資格というのは、仕事を行う手段(書類の作成や申請)でしかないのであって、資格があるから仕事が来るわけではない。この当たり前のことを、徹底して考える必要があります。

発想は、常に起業家でいきましょう。資格があるのは、仕事をする(書類の作成や提出代理)のに必要なだけであって、起業・開業するのならば、どうビジネス展開をするかを考えていく。これが本道。
タグ:起業 開業 資格
posted by 社労士箕輪 at 17:24 | Comment(0) | 資格起業家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。