最近の記事

2008年11月10日

資格で起業8、士業と収入との現実

社会保険労務士試験は11月7日が発表日でした。
今年の行政書士試験は11月9日に終わりました。

今年の試験も終わりましたね。
合格した方は本当におめでとうございました。

落ちた方は、また来年やるかどうか考えましょう。
しかし、実際資格なんて、もっているだけでは何の役にも立ちません。来年やるかどうかの前に下にあるデータを出しておきます。

正直、受験生は見るとモチベーションが落ちます。
開業を考えている方向けに掲載しますね。

1、資格に合格したら考えます。「開業して1,000万円稼げるかな?」と。それでは、少しだけ実態調査を書いておきます。

これは、行政書士連合会が今年調査をしたものです。
この調査は5年ぶりです。全てを詳しくは書けませんが、ポイントのみ掲載します。

社会保険労務士もこれに準じていると思ってもらっていいですよ。

まずは、何年くらい業務を行っているか。
○業務歴 20年度 14年度
5年未満  27.9% 25.4%
10年未満  16.2% 14.9%
15年未満  11.9% 15.3%
20年未満  8.9% 12.0%
20年以上  34.4% 31.8%

20年程度は増えているが、15年未満は全て減少しています。
ようするに、中堅層が減っているということです。

※他士業との兼業はどうか?代表的な資格を抜粋
○他資格との兼業 20年度 14年度
公認会計士    0.3% 0.2%
税理士     18.6%  9.5%
司法書士    11.2% 13.2%
社会保険労務士 16.1% 16.3%

目立って増えているのが、税理士さんです。行政書士業務に進攻開始か?いえ。はっきり書きます。増えた主な要因は、税理士だけでは食えないからです。
これは、税理士さん何人かも同じ意見でした。

税理士だけで食えているんなら、行政書士業務を単発でやるよりも、顧問先の業務で精一杯のはずだと。はい。おっしゃるとおり。

(もちろん、顧客満足のために登録する方もいらっしゃいますので、一般論として、記載しております)。

※そして、おまたせしました。売上

そして、売上です。見るとショックを受けますので、ここまで見てしまった受験生は合格するまで見ないとかね(笑

※注)売上です。年収ではないですから。
○売上      20年度 14年度
500万円未満   75.9% 72.9%
1000万円未満  11.0% 10.3% ←ここまでで約87%
2000万円未満   5.9% 不明
3000万円未満   1.8%  9.6%
これ以上は略

自宅兼事務所、補助者無しの行政書士事務所は、年間売上高と年収がほぼ近いラインになります(経費は1割から2割くらい)。

500万円未満が全体の75.9%を占めます。しかも、前回の調査よりもこの層の%が増えているのです。

さらに、1000万円未満が11.0%で、これだけで約87%→約9割です。

まとめます。
アンケートに答えた先生(つまり、そこそこは業務をやっていらっしゃると推定)。

1、廃業しないで3年から5年以上くらい営業している人が対象。
2、勿論、5年未満の廃業した人は、数に入らないがその人達も膨大な数はいる(3割程度)。
3、生き残った方の、実に7割5分が500万円未満の収入。
9割が1000万円未満の収入ということです。

500万円未満なので、10万円でもここに入ります。平均的に真ん中をとって、300万円程度

だから、よく言われます。行政書士や社労士の「平均年収は300万円」くらいだって。これも少し間違っています→開業して5年程度生き残って、仕事がそこそこはある人の平均「売上」が300万円から500万円くらいということですね。

じゃや、全体の手取りは?150〜300万円くらいが一番多いと思います。統計上でほぼ見えてますよね。これが現実。

確かに、私の知っている方で稼いでいる人も随分いらっしゃいます。

ただ、今から始めると、新規の内30〜40人に一人くらいが、1,000万円を超えていくぐらいではないでしょうか。

厳しいことを書いたようですが、アンケートの実情から考察してみました。試験に受かれば、簡単に1,000万円とか2,000万円取れるかのような広告に騙されずに、現実的に考えてみてください。

受かっただけで稼げるわけもないのは、逆に当たり前。やはり「起業」して成功できるかどうかの意識が重要になるということです。
posted by 社労士箕輪 at 05:00 | Comment(2) | 資格起業家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前に、某事務所で人手が足りなかったのか
「うちに来ない?」と聞かれたことが
ありました。相手は冗談のつもりかも
しれませんが・・・・・・・。

その時に、「ゴルゴ君の月収の18万円以上
は確実に出せるから」とのことでした。
私、現在の年収は税引き前で400万円
ジャストです。

独身だからいいですが、正直言って
400万円から税金を引かれたら
家族を養うのは難しいです。

世の中って厳しいです。
Posted by ゴルゴなおきち at 2008年11月10日 07:56
ゴルゴどの

おっしゃるとおり。ですから私は40歳前後で子供さんがいる場合、資格で開業は辞めた方がいいといいます。

浮かびあがる前につぶれる可能性の方が高いからです。

20歳台の一人者のうちか、55歳以降くらいで第2人生として行うのが一番正しいかと思います。

若しくは主婦の方で、好きなことで少しでも稼げればいいという形か。

世の中厳しいよね・・・。
Posted by コンサルタント箕輪 at 2008年11月10日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。