最近の記事

2008年12月01日

本と棚とマーケティングと

ある本屋さんに行ってみたら、書籍:シングルライフの老い支度 が、介護のコーナーに置いてありました。また、ある本屋さんでは「暮らし」等の所に置いてあることもあります。

シングルライフ2

専門家3人で書いているので、介護のページも多くあります。どの分野におかれるかというのは、本屋さんの判断になるのですよね。

でも、本屋さんで、シングルライフのコーナーを作ってみたらいかがでしょうか。
今は「シングルの考え方、家、介護、ファイナンシャル関係等」いろいろな書籍が出ているので、お薦めの人気コーナーになりそうな気がしますが。

呼んでもらえば、年金等のセミナーくらいいつでもしますよ(笑

本屋さんも、マーケティング的な書籍の置き方や企画は、随時考えないといけません。
posted by 社労士箕輪 at 07:28 | Comment(0) | 日々コンサル徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。