最近の記事

2009年06月17日

働き方と時間の概念

おはようございます。マイスター箕輪です。

夜は凄い雨ですが、朝6時の時点では、とりあえず晴れてますね。

さて、朝6時という時間です。
時間だけは全ての人に平等に与えられています。

金持ちでも、貧乏でも、男でも女でもオネーチャンでも、おっさんでも、全員に平等。

が、しかし そこから生みだされる価値は大きく異なります。

はっきり言うと、世の中に対して生み出す価値の高さと本人の時給が変わってきます。

別段、人様と比べる必要はありません。
でも、自分の時給は上げる必要があります。

だから、自分の価値を上げようと思えば、例えば深夜にダラダラとテレビを見てゲームをして、「毎月の給料日を待つ」だけの時間の使い方なんてしていても仕方ないですよ。

時間に対する感覚の高さです。

それにより可能性はどんどん広がってきます。  

続きまっせ。 いってらっしゃい!

posted by 社労士箕輪 at 06:31 | Comment(0) | 資格起業家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。