最近の記事

2009年09月09日

士業の仕事って・・・。

おはようございます。
マイスター箕輪です。


現在、「10.03 士業・コンサルタント成功セミナー」の原稿を書いています。

うん。やっぱりなと思ったこと。

それは、基本的に士業の商品は売りにくいという事実

言っている意味わかります?
例:行政書士等の仕事
会社設立しませんか?
離婚しませんか?
相続しませんか?

提案型に言ってまわるのが不可能でしょ?

ただ、顧問先等に対して提案できる(助成金・節税等)、税理士、社会保険労務士(顧問業務を行う場合)、等は顧問先というお客様に対してリピートできるので、また意味が違うわけですが。

だって、顧問先というマーケットをもっているわけですから。

専門的にいうと、顧問先との信用関係で、クロスセル(組み合わせ)、アップセル(価値UP)がはかりやすいのですね。

ただ、一般の士業等は、ファーストステップでは、仕事が「とりにくい業種」ということですね。

そこを認識して(商品特性やサービス内容等)、日々マーケティングを行うかどうかで、1〜2年後にどえらい差になるということですな。

開業して3年経ってからようやくわかってきた。
アホだね。俺も。


このセミナーでは、そんなことお話します。
10.03 士業・コンサルタント成功セミナー


posted by 社労士箕輪 at 08:13 | Comment(0) | 資格起業家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。