最近の記事

2009年10月15日

オンリーワンへの旗振り?

おはようございます。
マイスター箕輪です。
 

よく言われますね。
起業家は オンリーワン の立ち位置が大事だと。

確かに、オンリーワンの地位になると、仕事が楽しく儲かります(笑
専門的な仕事の依頼ばかりになるのですから(自分の得意な仕事)、当然ですよね。

勿論、オンリーワンにならないと仕事がこないわけではありません。
ただ、オンリーワンのポジションを作り出した人は、ステージを駆けあがるのが早くなる気がします。

そうなるためにはどうするか?

先日の士業・コンサルタント開業セミナーで、小川晶子先生もお話されましたが、

まずは、私は、○○の専門家です!と旗を振って目立つことによって、世間の人様は初めて認知をしてくれるのです。

簡単なことです。

手をあげて、起業の道を渡る。ただそれだけ。

しかし「手をあげて名乗ればいいのか」という点になると、それは間違い。

例えば、コンサルタントなんていう仕事は、名刺に名前を入れれば名乗れるけれども、飯を喰うためには
知識を使える知恵に落とし込む必要がある。

ということ。
本物を目指す必要があるということですね。

経営者と馬鹿話、経営話をしているだけでも、結構知恵って湧いてきますよ。


さて、今日もゆるくがんばりましょう。



posted by 社労士箕輪 at 07:15 | Comment(0) | 資格起業家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。