最近の記事

2009年10月28日

離婚のことばハンドブック (いますぐ解決したい人のキーワード152)

友人の行政書士、露木幸彦先生が新著を出版されたので、ご紹介させて頂きます。

かなり2枚目の先生でタレント的なご活躍です。

以前HPを見た瞬間に、相当マーケティングの勉強をされているのがわかりました。
昭和55年生まれ。私と一回り違います。
業暦は5年弱で私より長い形です。
若いのにたいしたものだ。

最近、周りの先生で、どんどん書籍の出版がありますね。
というか、私がようやく、そういった方々とお付き合いできるようになってきたというべきでしょうか。
私もおっさんなりにがんばる。石の上にも3年。

さて、お話を戻すと、本の内容はズバリ!
離婚問題のトラブル解決法

ウ〜ン。重いテーマだ。
いえ、別に私が離婚するわけではないのですが・・・。

ご本人が執筆中に体を壊されたということですが、要はいろいろな人の思いを、フィードバックされているということですね。

◎ 著者より 今すぐ、あなたに読んで欲しい5つの理由 ◎
1.あなたはもう迷わない。キーワードが50順に並んでいるため、
小学生が国語辞典を引くように、簡単に手早く問題の対処法を発見できる。

例えば、証拠もないのに浮気を疑われた場合は、
あ行の「浮気」、世間体を気にして離婚しない相手の対処法は、さ行の「世間体」といった具合です。

2.どんな人でも今日から使える。この本の目的は「正解の発見」で理解力を要求されないため
精神状態、学歴、性別、年齢に関係なく、正解を見つけることができる。

3.軽くて持ち運びやすい。内容は原則、一問一答形式で、
問題と解答以外を書かないため、分量は200ページ以下、片手で軽々持ち運べる。

4.修羅場の「あんちょこ」である。問題の正解が書かれた本書を肩身離さず携帯することで、
いつ何時、相手との交渉が必要になっても、読者は3秒で最善の回答例を見つけることができる。
これは学校の試験ではないので、「あんちょこ」を見ることは禁止されていない。

5.読む本ではなく「探す本」「使う本」である。極力、専門用語を使わないため、
その解説にスペースを割かない。あなたは難しい顔をして本を読み込む必要がない。


どうでしょうか?
今すぐでなくても、知っていてほしい内容です。

今日から30日いっぱいまで、アマゾンキャンペーンをやられてます。
以前の講演会の模様を収録したDVDを頂けるとのこと。

しかも、自宅ではなく営業所止めができるのがサスガ。
家族に見られるとという点まで気を使われているのが、実務家たる所以です。


離婚のことばハンドブック (いますぐ解決したい人のキーワード152)

離婚のことばハンドブック (いますぐ解決したい人のキーワード152)

  • 作者: 露木 幸彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/10/31
  • メディア: 単行本



posted by 社労士箕輪 at 18:16 | Comment(0) | 書籍・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。