最近の記事

2009年12月11日

社員のモチベーションアップ

おはようございます。
マイスター箕輪です。


戦略的ワークライフバランスの短期的メリット
として、社員のモチベーションアップ
があげられます。

男女ともに、自分自身の
ワークライフバランスが図られている
と考える人の方が
仕事への意欲が高い傾向にあります。

少子化と男女共同参画に関する意識調査

それはそうですよね。
だって、自分で自分をコントロールできるわけですから。

公私共充実しているということです。

ちなみに、若手社員も当初は「やる気まんまん」なわけですが、
就職後に社内の先輩が疲弊しているのをみると、モチベーションはさがってきます。

若手社員が仕事へのモチベーションを継続して、
意欲が高く取り組むには、仕事もプライベートも充実している
魅力的なロールモデル(行動規範:お手本)
必要なのです。

魅力的な、目指したい先輩がほしいわけです。

しかし、毎日毎日残業では疲れはてて、
全てが悪い方にまわっていきます。

社内のモチベーションUPは図られてますか?

今日もゆるくがんばりましょう。
posted by 社労士箕輪 at 07:03 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。