最近の記事

2010年01月13日

企業のタイプ分け〜ワークライフバランス

おはようございます。
昨日は新年会でクラブの 居酒屋の梯子酒のマイスター箕輪です。


ワークライフバランスと一言で言いますが、それぞれ歴史や伝統があり企業風土というものがありますよね。

ですから、実はどの会社にも通じるワークライフバランスというものはありません。

そこで、おおざっぱに企業をタイプわけしてみました。

1、本物ワークライフバランス企業
女性を始めとした多様な人材がそれぞれの個性を発揮している。

2、いけいけどんどん企業
男女均等などは進んでいるのだが、いわゆる男性的な働き方も評価の対象となるため、仕事と生活のバランスがとりにくい。
営業主体の会社などにあるタイプ。

3、硬直タイプ企業
女性支援の各種施策は進んでいるが、登用・昇進は昔のままのタイプ。
若手社員や女性がモチベーションダウンを起こしやすい。
一部の大企業や自治体にみられる。

4、たこ社長企業
昔ながらの人事、昔ながらの社風の会社。
しかし、社長の鶴の一声で直ぐに変貌する可能性が一番高い。

という感じでしょうか。
中小企業は4が多いのですが、変わる時は一番早いですね。
まずはどんな社内風土かをおおざっぱでよいので、確認しましょう。

3人の講師がお話してます↓
士業・コンサルタント開業成功のために。限定セミナーDVD

今日もゆるくがんばりましょう。
posted by 社労士箕輪 at 07:30 | Comment(0) | ワークライフバランス戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。