最近の記事

2009年12月07日

竜馬がゆく

おはようございます。
マイスター箕輪です。


少し前から久々に竜馬がゆく(司馬 遼太郎)を読んでます。
文藝春秋の全5冊のもの↓

竜馬がゆく〈1 立志篇〉

竜馬がゆく〈1 立志篇〉

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1988/10
  • メディア: 単行本




何回目だろ?
18歳前後の頃に一度、20代、30代くらいで一度ずつ読んでいるのかな?

今回は、来年の大河ドラマで「福山雄治が龍馬伝」をやるというので、ざっと読み直してみました。
きっと、リンク先↑の福山龍馬で悶絶する女性100万人。

しかし、最近私の回りにいる女性(実は我が家も)は、全て福山ファン(通称マシャファン)・・。
確かにカッコイイわ(笑

龍馬伝には原作がないとのことで、「竜馬がゆく」が元ではないのですが、やはり司馬 遼太郎先生だろうということで。

ちなみに、正式には「龍馬」らしいのですが、常用漢字で「竜馬」のため、特段どちらでも間違いではないとのこと。
西郷どんの手紙では、「良馬」という当て字もあるらしい。

坂本竜馬は好きですが、人間のタイプがまるで違うので、むしろ「維新の詩」という感じで、その流れが美しいです。
これ、私は山口県(長州)の萩市出身で、松陰神社を子供のころの遊び場としていたので(蝉とったり)少し感傷が入るのかもしれません。

来年放送か・・・。

凄い視聴率だろうな(笑

こちらも人気↓

士業・コンサルタント開業成功のために。限定セミナーDVD



今日もゆるくがんばりましょう。






posted by 社労士箕輪 at 07:40 | Comment(0) | 書籍・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。