最近の記事

2009年12月24日

職人と経営人

皆さまメリークリスマス。
昨日はのどが痛くて、20時には寝ていたマイスター箕輪です。


12月20日、高円寺にラーメン横丁という施設がオープンしました。

流行の人気ラーメン店が、何店か出展しているものです。
結構行列になっているらしいので、喜ばしいことですが、その中の一店に、ついに支店を出したか!というお店があります。

東京湯島にある、ラーメン天神下大喜(てんじんしただいき)さん。
約10年前に営業開始、スープは無科学調味料、麺も手打ちという、こだわりのお店です。
大喜01


ご主人はお店にとまりこんで、味の追求(研究)をする場合も多いとか。

数々の雑誌でラーメン大将第1位などをとったこともあり、行列店なのですが、今まで支店は一つもありませんでした。

理由・・・職人だからです。
要は、スープも麺も全て自分でつくるので、多数の店舗展開などできるわけがない。

しかし、ご主人も50歳を超え、お店の従業員等の将来の活躍の場も考えて、今回支店出展を決意したとのこと。

そうすると、自分がいないお店(本店)の味を保てるのかどうか?
半年くらいが正念場ですね。
個人的には、麺が少しゆですぎと思いましたが。
是非がんばってほしい一店。

とりそば、味玉入り。
大喜02

職人的な気質か、経営人として店舗展開などをはかるのか?その人の考え方と性格の問題です。
どちらが正解ではない。

絶対的な前提条件として「旨い」ということがありますが(笑

そんなこと語ってます↓
士業・コンサルタント開業成功のために。限定セミナーDVD


今日もゆるくがんばりましょう。




posted by 社労士箕輪 at 08:09 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。