★主要運営サイト

一般社団法人設立サポート

起業融資の事業計画書の書き方

古物商免許と営業許可申請

特定労働者派遣事業届出

宅建免許申請

経営コンサルティングの日々

東京都中央区社会保険労務士 箕輪オフィス

障害年金申請サポート

起業融資・起業支援サポート

定年延長・高齢者雇用サポート

最近の記事

2006年07月26日

どこのステージにいる?

今どのステージですか?
起業できたらいいなぁ?
起業したいなぁ?
起業を決めた?
起業したばかり?
もうバリバリですか?(笑

ギターを買った。弾けるようになった。バンドを組んだ。ライヴハウス。武道館。東京ドーム。それぞれの段階があります。

OK。それぞれの段階で一つ一つの「ドアを開けましょう」。

本気で「やる」と決めたら起業に向かって、走っていくから大丈夫。
まだ、具体的に決めてない段階であれば、起業への気持ちが押さえられなくなればゴー。

会社で喧嘩して、こんな会社辞めてやる!というのが一番悪い。

独り一人の「バーボン人生」
posted by 社労士箕輪 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

士業のHPを見て思う

5年くらい前はHPを作ればなんとかなるという時代だった気がするが、1日かけて色々なサイトを調べてみると、現在、士業のHPも競争過多になってきている気がする。

ただ、HPを作るだけでは生きていけない時代に2年弱前から入ってきている気がする。

SEO(検索エンジン対策)は当たり前、広告費で数万円は当たり前という感じになってきた。

大手法人士業により淘汰が進んでいく気がしますね。

行政書士で年収1.000万円!とか言われていただ、ごく希に取れる人もいますという状況になってきている気がする(やり方の発想だけど)
posted by 社労士箕輪 at 19:24 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

起業相談集作成中

事務所の起業支援HPに、起業の質問集を作成中。

少しづつUPしていきます。
なぜ作ろうと思い立ったか?はい。お客様が知りたいであろうこと!それを、まず伝えてみようとの試行錯誤のため。

しかし、常に色々考えると、頭が薄くなりそうやね(笑
posted by 社労士箕輪 at 12:58 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

誰がキーマンになっていく・

人は石垣、人は城といいます。起業をする場合、実際に自分に協力してくれる人をリストアップしてみましょう。特にキーマンになる人は重要な存在になります。

良い協力者、良い支援者がいる人ほど、事業の成功確率は高まります。当たり前ですが、ビジネスや商品・サービスに対して賛同してくれる人を起業前に多数確保していれば、起業の成功は有望になります。

そう、起業から黒字が出てくる起業家の多くは、起業前の準備段階でしっかりと複数の顧客を確保しているのです。

あなたは、社内のキーマン、外部のアライアンス先のキーマン。起業に対して何人のキーマンと出会えますか?
タグ:人材
posted by 社労士箕輪 at 17:40 | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

商品やサービスの開発と投入

新商品やサービスの新規開発は、自分の夢・感動・不満・不便からスタート。自分の頭で考えて、できれば仲間・社員を集めてブレーンストーミングしてみましょう。ここで具体化できるかどうかを考えます。

当然、商標や特許登録されていたりすると、その時点で「そのままの商品開発」はできません。類似品があるということは、市場があるということです。その場合、どの部分が商標や特許登録に当たるのかを徹底的に考えて、アイデアの明確化、評価、差別可をはかっていく必要性があります。

リスク分析なども徹底的に行うべきです。どれほどの工程(人件費がかかる)、資金を投入する必要性があるか?市場投入するまでに、どれくらいの工程が必要になるのか?徹底的にリサーチしましょう。
posted by 社労士箕輪 at 08:56 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

最適な仕入先を見つけよう

中期計画でかかせないものの一つが仕入先の問題です。

良い商品をどこからいくらで、どのようなルート・チャネルで、どんな条件で仕入れるかは重要なポイントになります。

一般的な仕入ルート
1、問屋・卸し
2、生産者・メーカーから直接

仕入れ先を検討する際、価格や支払条件は特に注意が必要になります。起業したばかりの場合、現金仕入を求められることが多く、一方で売りの方は掛売が多くなりがちのため、「資金繰り」が最大の問題となってきます。

当たり前のことではありますが、掛売の決済期間を少しでも短縮できるように訴えていくことが大事です。

物流条件も検討が必要です。運搬してもらえるのか、ロットはいくらになるかなど、きちんと確認して下さい。

かといって、仕入先が一か所に重なると、今度は倒産や地震などのリスクもあります。

「売り先(ユーザー)」と同じような重大さで「仕入れ先」も考えましょう。
posted by 社労士箕輪 at 06:09 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自社生産と委託生産

製造業では、仕入計画、生産計画、在庫計画を策定していきます。卸・小売業では、「生産」というものはありませんが、仕入計画と在庫計画は策定していく必要があります。


生産計画を考える時、自社生産か委託生産にするかも考える必要性があります。現実的に起業段階では、自前の生産設備を構えることは資金的にも技術的にもリスクが大きくなりすぎるため、外注化やファブレス化持たざる経営)していく方が賢明なやり方になります。

しかし、品質は自社の命です。くれぐれも自社での品質管理のみは行っていって下さい。

posted by 社労士箕輪 at 06:20 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

マーケティングと販売の要素

新しい商品を市場に投入しようとすると、うまくいかないのが当たり前です。


何を、誰に、いくらで売るかを考え実行していくのがマーケティングになります。起業していくのは、マーケティング活動そのものと言えます。当然、マーケティングを体系的に学び、基本にそって販売計画を立て、実行していくことが重要になります。

マーケティングの4つの要素(マーケティングミックス)
1、商品戦略(プロダクト)
2、価格戦略(プライス)
3、販促戦略(プロモーション)
4、販路戦略(プレース)

以上、4つのPをとって、「マーケティングの4P」と呼ばれます。

この4つは常に忘れないようにしましょう。
posted by 社労士箕輪 at 05:55 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い手の立場に立った商品戦略

商品を販売する場合、いろいろな手法がある。しかし、結局一番大事なのは、お客様志向で考えること。「買い手」つまり、お客様の立場で戦略を策定すること。

顧客のニーズはどうしたら満たすことができるのか検討しましょう。それあ一番大事〜♪

買い手側から考える場合、次の3つがポイントになります。
@顧客にとって得られるものは何か 例:美味しい料理など
A形態は魅力的か 例:デザイン、ブランド うきうきしてくる高揚感など
B商品の付属機能 アフターサービス、保証、デリバリーなど

色々な偽装が多いのですが、今一度立ち止まって、どうしたら顧客の立場になるかを考えましょう。
posted by 社労士箕輪 at 06:08 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

価格の決定方法

当然のことですが、価格戦略は非常に重要な要素です。

価格の決定方法

1、自社のコストに利益を加算するケース
2、市場の類似商品価格で決定せざるを得ないケース(競合商品にあわせる)
3、顧客に与えるベネフィット(恩恵、満足度)を価格とするケース

一番、高価格をつけることができるのは、もちろん3になります。これがいわゆるブランド化ということです。

なるべく、少しでも、付加価値をつけて、高価格の商品・サービスをニッチ狙いで提供する。これが、利益が残るシステム構築です。

一方、低価格で勝負できる要素もあります。
1、仕入れ価格を下げる
2、設備費を下げる
3、仕様を工夫して大量生産できるようにする。
4、ITを活用して、なるべく人件費などの固定費を下げる。

しかし、正直なところ、これらは大企業のとる戦略になります。
価格競争に巻き込まれてしまっては、忙しいばかりで儲からない路線になっていきます。
posted by 社労士箕輪 at 11:15 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

販促戦略を考える

販促戦略とは、広告やパブリシティ、人的セールスなどを言います。

販促戦略
1、プル戦略
@広告 新聞、雑誌、ちらし、ホームページ、ポスティングなど
Aパブリシティ マスコミによる宣伝

2、プッシュ戦略
B販売促進 口コミ、紹介など
C人的販売 飛び込みセールスなど

オンライン、オフラインを使って、どう売っていくのかの販売戦略を構築していきましょう。少しづつ修正していけばいいのです。
posted by 社労士箕輪 at 10:46 | Comment(1) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

起業家は走りながら考える

起業家や経営者の方などは、ゴマンと知り合いはいるが、とにかく自分で言ってはいけないと思っていること。

「忙しい。」

私と会う人には、いつも「ヒマです。」「ヒマで明日、首くくろうかと思ってます。」と言っています。
まぁ、半分本当だけど・・・?

忙しいのはいいことなんだけど、経営者がそんなこと言っていても仕方がないわけですね。

忙しいなら、「人を雇うのか?」「仕組みを考えるのか?」「効率の悪い仕事や付き合いは断るのか」

だから、「忙しい」という言葉は自分で言ってはいけないと思ってる。だから、言わないもんね。

仕事をしながら、走りながら、次の展開を考えるのです。
さて、今日もヒマだ!

あ、今日は電話等つながりません。研修等で・・・。
矛盾する?何も言うな・・・。
posted by 社労士箕輪 at 06:00 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

社会起業家「京都の大学生ら今夏サミット」

福祉や環境など、社会問題の解決を目指して事業を展開する「社会起業家」を広く知ってもらおうと、京都の大学生が中心となって今夏、「社会起業支援サミットin京都」の開催を計画している。

京都で活躍する多彩な社会起業家を招いて活動内容を学び、連携や支援策を考える。

京都新聞

日本の起業ブームは、ライヴドア事件で一旦終了しましたが(起業が無くなったというわけではなく、起業熱がさめたということ)、今、社会起業家が増えてきています。

例えば、過疎化や環境問題などの社会問題に絡んで、起業して村おこしなどにたずさわっていくことです。

扱っていくテーマはそれぞれでしょうが、「世の中に対する自らの存在価値の確認」ということも、生きていく上では大切な要素。

大学生くらいの時は、どんどんこういった活動もやってほしいですね。

ナンパばかりしているのが脳ではありません(私??)。

頑張ってください。







posted by 社労士箕輪 at 07:14 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

起業家は3で一区切り 1

昔、世の中は10年ひと昔。と言われました。

現在はどうでしょう?
世の中的には 3年ひと昔
パソコンの世界では 1年ひと昔という感じです。

つまり起業して、走りだした場合、長期計画を3年として考えるべきです。間の中継の折り返し地点も決めていきましょう。

主には、最長3年の3で区切る。
3日、3週間、3か月、1年(決算として)そして、3年

ボクシングでもゴングが聞こえない3分はないですよ。
3分で一旦区切られます。

起業も同じです。常に時間軸は意識していきましょう。

テーマ続く

posted by 社労士箕輪 at 06:21 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

石の上にも3年は本当か

昨日書いた 起業家は3年で一区切り の続きです。

昔から言われている「石の上にも3年」という言葉があります。

いわく、独立しても3年は喰えない。
それまでは辛抱だ。
それまでにいろいろ勉強しておけ。
人脈を広げていけ。 云々

実際、私も資格で起業して3年経ちました。
これらの事は本当なのでしょうか?

あくまでも私なりの意見ではありますが。

半分は本当で、半分は嘘ですね。

実際、起業してからのいろいろな経験値(経験知)という意味では、確かに3年くらいかかるような気がします。

いろいろな事をやってみて、失敗してまた試して。という感じで。
人脈も、開業した頃とは考えられないくらい広がっています。
それも、意識の高い方々がどんどん増えています。

つまり、こちらのステージがあがっていくので、周りの方もあがってくるということですね。

その意味では 3年が一区切りという意味で半分正解。
勿論、天才的な経営者は、半年や1年で十分なのでしょうけど。

ただ、石の上にも3年というのは、「3年経ったら食えるようになる」という意味も大きいのですが、これは嘘。
だったら、3年やっている会社や飲食店で倒産するところなんて無いですから。

単純に人脈を増やせばいいというものではないし、間違ったマーケティングや営業を続けても、食える前に倒産します。


経験や人脈が増えてくる は本当。
営業的に食えるかどうか は嘘。 

と思ってます。

続く
posted by 社労士箕輪 at 05:50 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

社会保険労務士で起業??

先日から起業して3年で食えるか?というテーマで書いてきました。

が・・・。先日少しショックな内容のメールがありました。
社会保険労務士会から社労士会員に一斉にくるもので、ある行政協力の依頼でした。

行政協力とは、区(市)役所での相談や、社会保険事務所、労働基準監督署、ハローワーク等々の繁忙期に社会保険労務士が手伝いにいくものです。

確定申告の時期になると、税務署に税理士の先生が詰めますよね。
あれと同じです。

社会保険労務士は、その仕事柄行政協力の依頼が多くあります。
これはかまいません。社会貢献の意味でも手伝える場合は参加するべきだと思います。

来月2日だけお願い!とか、役所の相談1日だけ頼む!などのお話も頂きますし、できる限りはお手伝いします。安いけど(というか、上の方がパンチパーマなので、断ると怖くて・・・冗談)。

が、しかし・・・だ。冒頭のあるメールの一文。

現在開業登録している先生は、勤務登録に変えて頂きます。

へ?つまり、週5日フル勤務で常勤とかになるということですね。

しかも、募集枠が何十人!しかも、恐らく応募はどんどんくる(爆笑・・・している場合ではない。

開業を勤務に変えてまで、行政協力をするのならば、廃業して就職した方がいいのでは?と思うのだが・・・。そんなに先生と呼ばれたいかね?

だから、社労士で開業すれば食えるというような予備校のパンフレットは、どうなのよ??と思うよ。ほんと。

誤解して欲しくないのは、行政協力は結構だし、社労士事務所や企業での勤務登録自体がいけないとか言っているわけではありません。

現在開業している人に 廃業 して勤務になれと言っている通知です。ウ〜む。寂しいのう。
posted by 社労士箕輪 at 07:14 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

分らない未来予想〜起業は3年で一区切り 4

起業家は3年で一区切りで、いくつか記事を書いてきました。

(06/11)社会保険労務士で起業??

(06/10)石の上にも3年は本当か

(06/09)起業家は3で一区切り 1


昨日、今週末に行うネット関係のセミナー原稿をざっと見直していました。

ホント、10年前なんて、メルマガ、ブログ、HP(一般的には)等々。何もない!時代だったんですね。

携帯電話が、ようやく一般に普及しだしたくらいです。

その頃に、10年後は今のようになると予測できた人が何人いらっしゃったでしょうか。一部のIT関係ベンチャー関係者とかでしょうね。

と・・・なるならば、やはり「起業の一区切りは3年程度を目安」にして、それを長期計画とし、1年単位の計画に落とし込んでいくくらいがちょうどいいかと思います。

今後はもっとスパンが短くなる可能性もありますが。

お稽古事でも何でも、何か物事を行う場合、3年くらいが区切りとしてちょうどいい気がしますね。

走り出す場合 3年一昔で設定!
posted by 社労士箕輪 at 06:30 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

そのお金の使い方

事業を自分一人で行っていると、物を買うのに上司のハンコはいりません。

だから、お金の使い方は考えましょう。

それは、
消費でしょうか?
投資でしょうか?


そのTVは?そのパソコンは?その本は?

お金を使って、お金や時間を生みだす→お金からお金のリターンがある可能性があれば投資です。なければ消費。

よいプリンターを買いました。印刷が早くなる→時間の節約。
印刷が奇麗になる→会社の印象度が違う。

だから投資。ただ、投資だから、100%リターンがあるものでもありませんが。


そのお金。リターンがある可能性がありますか?
posted by 社労士箕輪 at 07:34 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

今からのネットの配信力

おはようございます。
マイスター箕輪です。

最近、HPとブログとは一体のものという感じがします。
昔はブログ単体でもよかったのですが、今は、まず両方あるのが基本よん。

そして、小さな会社は、経営者自身が情報発信をすることによって、自らのブランドを構築していく必要があります。

ということは?
自分で情報を配信できない人→
んでは、情報発信やライティングを周囲に依頼しない人(この場合、プロにという意味。かあちゃんに書いてもらうレベルは、ビジネスとはいわん)→

今からのネット上での勝負はあきらめた方がいいのではと思われますね。

ネットという、文字情報が主な世界では、コピーライティング等の企画配信能力の割合が高くなってきましたか・・。

posted by 社労士箕輪 at 08:02 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

起業時の融資〜保証人にはどんな人がいい?

おはようございます。
マイスター箕輪です。


起業時、お金を借りにいくと結構言われます。

「保証人は?」

「なに?私の事業計画が信用できないのか??この!」

気持ちはわかります。
が・・・基本は信用できません。
だって、失敗しないで絶対成功する事業計画、商売、サービス、商品があるならば、明日からサラリーマンやOLはいなくなりますって。
でしょ。

だから、いざという時のために担保を聞かれるわけです。

起業支援団体 ドリームゲートの連載企画
起業時の融資 融資時の保証人UPしました。


セミナーやります。
士業、コンサルタント開業セミナー

今日もゆるくがんばりましょう。
posted by 社労士箕輪 at 07:59 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

インプット→インプット?

おはようございます。
マイスター箕輪です。


昨日の台風一過で、本日は久しぶりに良いお天気ですね。

一昨日、昨日と「秋は学びの季節」として、セミナーやワークショップのご案内等を致しました。

逆説も真なりですが、セミナーなどに出席して勉強するのはいい。
まずは勉強。これが、第一。

ただ、「何かが学べる」という理由で、ただ色々なセミナーに出席などを続けるのもよくない(学ぶのが駄目という意味ではないです。誤解なきよう)。

インプットしたらアウトプットしないと仕方がないわけです。

成功しないパターンは、インプット→インプット→インプット→ああ、いいお話が聞けた!の自己満足。

成功する可能性のあるパターンは、 インプット→実践(実戦)→失敗→再思考と再試行

このパターンです。

セミナー等を聞いたら、是非何か試してみて検証する。
これを心がけましょう。

今日もゆるくがんばりましょう。
posted by 社労士箕輪 at 07:00 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

職人と経営人

皆さまメリークリスマス。
昨日はのどが痛くて、20時には寝ていたマイスター箕輪です。


12月20日、高円寺にラーメン横丁という施設がオープンしました。

流行の人気ラーメン店が、何店か出展しているものです。
結構行列になっているらしいので、喜ばしいことですが、その中の一店に、ついに支店を出したか!というお店があります。

東京湯島にある、ラーメン天神下大喜(てんじんしただいき)さん。
約10年前に営業開始、スープは無科学調味料、麺も手打ちという、こだわりのお店です。
大喜01


ご主人はお店にとまりこんで、味の追求(研究)をする場合も多いとか。

数々の雑誌でラーメン大将第1位などをとったこともあり、行列店なのですが、今まで支店は一つもありませんでした。

理由・・・職人だからです。
要は、スープも麺も全て自分でつくるので、多数の店舗展開などできるわけがない。

しかし、ご主人も50歳を超え、お店の従業員等の将来の活躍の場も考えて、今回支店出展を決意したとのこと。

そうすると、自分がいないお店(本店)の味を保てるのかどうか?
半年くらいが正念場ですね。
個人的には、麺が少しゆですぎと思いましたが。
是非がんばってほしい一店。

とりそば、味玉入り。
大喜02

職人的な気質か、経営人として店舗展開などをはかるのか?その人の考え方と性格の問題です。
どちらが正解ではない。

絶対的な前提条件として「旨い」ということがありますが(笑

そんなこと語ってます↓
士業・コンサルタント開業成功のために。限定セミナーDVD


今日もゆるくがんばりましょう。




posted by 社労士箕輪 at 08:09 | Comment(0) | 起業の方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。