★主要運営サイト

一般社団法人設立サポート

起業融資の事業計画書の書き方

古物商免許と営業許可申請

特定労働者派遣事業届出

宅建免許申請

経営コンサルティングの日々

東京都中央区社会保険労務士 箕輪オフィス

障害年金申請サポート

起業融資・起業支援サポート

定年延長・高齢者雇用サポート

最近の記事

2008年11月11日

就業規則と休日労働

会社のルールとして就業規則を作成することをおすすめします。

実は就業規則は、無駄なコストを削減することもできます。
就業規則を作ると、今まで支払わなくてもよかった人件費を抑えることも可能となるのです。

以下に一つ例をあげます。

休日には法定休日と法定外休日があります。

1、法定休日とは、労働基準法に定められた休日のこと。毎週少なくとも1日または4週間に4日以上与えなければならないとされています。

2、法定外休日とは、会社が定めた休日のことです。一般には土曜日ですね。

週休2日制で土曜日と日曜日を休みにしている会社の場合、日曜日が法定休日。土曜日が法定外休日という認識でOKです。

まず、法定休日の日曜日に仕事をさせた場合、35%の割増賃金が必要になります。いわゆる休日手当です。

しかし、休日手当というのは「法定休日の日曜日」に仕事をさせた場合、割増賃金を支払わなければならないということなので、法定外休日の土曜日に労働させた場合、35%の休日手当は必要ではありません。

ただし、土曜日に仕事をした場合、週の労働時間が40時間を超えると(通常の会社は超えるはず)、残業手当として25%の時間外手当が必要になります。

日当1万円であれば、3,500円(休日手当)と2,500(残業手当)の差です。しかし、100人の社員が年1回労働をするだけでも、100人*1,000円=10万円の差です。月1回ですと10万円*12か月=120万円!!!の差。

御社は、会社も従業員も「休日労働について」誤解していませんか?法定休日と法定外休日とは違うということを会社が認識し、従業員に教えることにより無駄なコストを削減することができます。

言葉だと誤解のもとです。会社が休日手当をごまかしていると考えるでしょう。

ですから文書の「就業規則」で伝える必要があります。
posted by 社労士箕輪 at 05:00 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

半休と残業

 「先生。午前中に半休をとった社員が、その日の夜、残って仕事をして、残って仕事をした分、残業代をくれというのです。

朝きてないのに、とんでもない奴ですよね。残業代を払う必要などあるのですか?」

いろいろな人がいますね〜。

まず、午前中の分の「半休規定」はどうなっていますか?
その部分(遅れた部分は)無休ですか?
それとも、有給を半休分として、あてていますか?

上記の扱いにより異なりますが、「午後の出社時間を始業時間として明記しておき、就業時間が8時間を超えなければ残業代は出ない」ということを周知徹底させておきましょう。

訳のわからないことを言う社員の場合、ルールが役に立ちます。
posted by 社労士箕輪 at 07:45 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

残業代引き上げと大きな流れ

残業代の賃金割増率の引き上げや、有給休暇の時間単位取得が盛り込まれた労働基準法改正案が、18日の衆院本会議において自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決されました。

それでは、賃金割増率はいくらになる予定かと言うと、現在は割増率「25%以上」です。

それが、月60時間を超えると、「50%以上」に引き上げられる予定です。

労働基準法改正案は少子化の一因とされる長時間労働を抑制することが狙いで、施行日は2010年4月1日予定です。なお、中小企業は当面の間、適用を猶予される予定です。

残業代の支払いが増える→また役所が、勝手なことして、ふざけるな!ではなく。
結局、少子化という社会全体の悩みがあり、そのために自宅での時間を増やし、奥さんや子供と仲良くね!という狙いがあります。

ビジネスも同じ。世の中全体の方向性や流れを考えれば、随分ヒントがありますよ。
posted by 社労士箕輪 at 06:56 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

パートタイム労働法の改正

平成20年4月にパートタイム労働法の大幅な改正がありました。

大きな理由
結局はパートタイマーと正社員との大幅な待遇の格差です。

平成18年の「賃金構造基本統計調査」によると、短時間労働者(パートタイマー、アルバイト等)の賃金は 男1,057円 女940円です。

正社員の賃金を100とした場合、男64 女69 の割合です。

勿論、短時間の勤務のため、賃金差があること自体は問題ではないのですが、問題点は職務内容や仕事に対する責任は同じなのに、賃金のみが低い(又は昇給しない)という点です。

そこで、職務内容や仕事に対する責任が同じならば、同じような待遇をするべきだという観点からパートタイム労働法の改正がなされたわけです。

要は、パートだから安く使えるという時代では無くなってきたということですね。



posted by 社労士箕輪 at 09:29 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

パートタイマーとはどんな人

パートタイマーかどうかは、通常の労働者よりも労働時間が短いかどうかで決まります。

パートかどうかは、会社や経営者によって、いろいろな見方があります。例えば、時間給である、労働契約が有期契約(3か月や半年)であるなど。

でも、法律上のパートタイマーの定義は、「その事業所(事務所・店舗等)に勤めている、通常の労働者(正社員)よりも、所定労働時間が短い人」のことです。

それでは、もしパート3人の職場で正社員がいなかったら?
その場合、パートの中で一番労働時間が長い人が通常の労働者です。

パートA 3時間
パートB 5時間
パートC 6時間
の場合、Cが通常の労働者ということですね。

ちなみに、アルバイトとパートの違いは?と聞かれたことがありますが、同じです。一般的に主婦がパートで学生等をアルバイトと区分していますが、法律上の扱いは「短時間労働者」とことで同じになります。



posted by 社労士箕輪 at 06:53 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

育児・介護休業法改正へ

育児・介護休業法の改正が進んでいます。

現在、3歳未満の子を持つ親御さんに対して、残業を免除する方向です。

要するに、「家には小さい子供がいるから残業はできません!夜は面倒を見る必要があります!」と会社に申請すれば、会社は残業を命じることができなくなる方向性です(法律内容は現在調整中)

育児・介護休業法改正 記事(日経NET参照)

高齢化・少子化に対する社会の流れはとまりません。
「いや〜また、そんな規定ができるの?面倒だなぁ」と思うか、「よし、我社はキチンとした育児規定を作って、良い人材確保と定着を目指そう!」と考えるかは・・社長次第ですよ。チャンスかも。
posted by 社労士箕輪 at 09:59 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

人を雇うのはどのタイミングがいいの?

「従業員はどのタイミングで雇えばいいのでしょうか?」

会社の規模などにもよるので、一概にはお答えできません。

ただ、組織になるということはそれぞれの、担当業務と役割分担があります。

忙しいからといって、漠然と担当業務や役割分担がわからない段階で人を雇いいれても、無駄が多くなります。

何を何のためにやらせるのか?そのために人は必要なのか?
まずは業務フローを見直してみませんか?

posted by 社労士箕輪 at 07:24 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ノウハウの共有

おはようございます。
マイスター箕輪です。

会社の中で、
個人のパフォーマンスに頼って仕事をしていませんか?
全員でノウハウを共有して仕事をしていますか?
ノウハウが、各自の頭の中に眠っていませんか?

ノウハウの共有は、すればするほど研ぎ澄まされてきます。各自の頭の中だけでは、もったいないですよ。

「そんなもん。社長やないんやから、しゃーないやん」

人が二人いれば組織です。
一人の部下・部署でも同じことできますよね?

その仕事のノウハウ。組織で共有できませんか?
posted by 社労士箕輪 at 08:01 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

ブログとリスク管理

おはようございます。
昨日永ちゃんのライヴで、はしゃぎ過ぎて、体が痛いマイスター箕輪です。


先日アメブロのルームが勝手に書き換えられるという被害が発生しました。
私もペタをしに行っただけでやられました(ペタはしていません)。

犯人(広げた一番元)はいたずらでやったというような意味のことを発表したようですが、はからずも「繋がるブログ」の脆弱さを露見しました。

また、同時にビジネスとして使う場合の、リスク管理も考えざるをえませんでしたね(自営業や経営者が運営する場合、少しはビジネス要素はある)。

そういえば、今をさること6、7年くらい前かな。
本当にブログの創成期の頃、無料ブログなんて重くて開きませんでした。
毎日30分かけて画面を開いて、記事を投稿したらフリーズして消えていた!とか(笑 しょっちゅう。

また、サーバー増設も頻繁に繰り返されており、ある有名ブログが、サーバー増設した後、バックアップに失敗。
データーを全部すっとばして、復旧に努めたもののデータは完全には戻らず、社長ブログは炎上。

しかし、社長はしぶとく(笑 「無料で使っているのに、それくらいのリスクは考えない方がおかしい。しぇぺぺぺぺ」と意味不明のことをブログに記載。
さらに炎上とかいうこともありました(爆

社長の言い分が正しいかどうかは別として、たしかにおっしゃることにも一理あり、「無料という事実がある以上」、自分なりのリスク管理は必要でしょうね。

だってデータがすっとんで、いくら会社に文句を言っても何もはじまりません。
データが戻ってくるわけでもない。
無料で使っている以上、損害賠償といっても算定も難しい。

例えば、記事をバックアップにとっておくとか、テキストファイルに記事を書いてそれをコピペするとか。

今回、そういったリスク管理というものを改めて感じました。

そんなこと語ってます↓
士業・コンサルタント開業成功のために。限定セミナーDVD


今日もゆるくがんばりましょう。





posted by 社労士箕輪 at 07:30 | Comment(0) | 仕組みやマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。