★主要運営サイト

一般社団法人設立サポート

起業融資の事業計画書の書き方

古物商免許と営業許可申請

特定労働者派遣事業届出

宅建免許申請

経営コンサルティングの日々

東京都中央区社会保険労務士 箕輪オフィス

障害年金申請サポート

起業融資・起業支援サポート

定年延長・高齢者雇用サポート

最近の記事
メニュー:ワークライフバランス導入:目次

2010年01月20日

ワークライフバランス導入

おはようございます。
ほぼ回復したマイスター箕輪です。
ご心配をおかけしました。


ワークライフバランスの導入


ワークライフバランスの導入方法について、少しお話していきます。

実は、企業へのワークライフバランス制度の導入については、すべての企業に共通した導入制度はありません。

業種、態様、企業風土、男女や年齢の比率、取り組みの経緯などは各社で違うため、共通した手段というものはないのです。

しかし、基本はPDCAサイクルです。

事業計画書をつくる場合と同じ、ということですね。

結局、ワークライフバランス制度導入といっても、難しく考える必要はないのです。

計画→実施→点検→改善の繰り返しであることは同じ。

1、Plan (計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する

2、Do  (実施・実行):計画に沿って業務を行う。

3、Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。

4、Act (処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。

計画してみて、やってみて、点検してみて、反省だけなら猿でもするので、そこを改善する。

関係ないけど、2日酔いになって「もう飲まない!」、恋愛に破れて「もう恋などしない!」おもろいね。
さて、体調も戻ってきたしお客さんのところ回ろう。

開業のこと語ってます↓
士業・コンサルタント開業成功のために。限定セミナーDVD

今日もゆるくがんばりましょう。

posted by 社労士箕輪 at 07:05 | Comment(0) | ワークライフバランス導入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ワークライフバランス導入チーム作り

おはようございます。
マイスター箕輪です。


第2回士業・コンサルタント開業成功セミナーですが、おかげさまで、現在14名からお申込みを頂きました。

別途、講師の友人・知人等からも連絡を頂いておりますので、定員40名まで、後半分くらいになってきました。
ありがとうございます。

ご紹介頂きまして、ありがとうございます。(順不同)
障害年金の請求を応援する社会保険労務士のブログ かこ@町田の社労士さん

PCが苦手なケアマネジャーへおくる介護事務コンサルタント&カメの行政書士ともドリーの日記 小澤信朗@介護事務コンサルタント&カメの行政書士 ともドリーさん

コメントやメッセージを頂ければ随時ご紹介(他の講師のブログ等でも)致しますね。

ワークライフバランス導入のステップ、プロジェクトチームの構成についてお話します。
ワークライフバランス導入の8ステップの全体像

1、チーム編成     プロジェクトチームの構成
  ↓
2、スケジュリング   おおまかなスケジュール
  ↓ 
3、社内ニーズ把握   現場のニーズ把握
  ↓
4、導入プランの策定  自社に適したプラン策定
  ↓
5、経営層の理解と承認 実施のための承認
  ↓
6、計画の実行・告知  導入プランの実行・告知
  ↓
7、マネジメント層の協力 現場のマネジメント層の理解
  ↓
8、チェック&フォロー 修正と新たな計画

プロジェクトチームの構成
企業がワークライフバランスに取り組むきっかけは様々ですが、トップの判断や次世代への対応などいろいろな契機が考えられます。

しかし、人事制度の改革を伴うケースも多いため、人事部と部門外のメンバーが中心となって、取り組み始めることもおおいかと思います。

以下、一般的な導入手法をお話しますが、各社の規模や社風により大きく異なります。
是非自社なりの導入手法を研究して下さい。

チーム編成の手段例
1、人事部の中で組織
2、指名・抜擢(これまでにプロジェクトがあった場合など)
3、社内公募(いわゆる「やる気のある人材)

プロジェクトの名称付け
社内の公的組織としての位置付けのため

選任は2人以上で専任をおくのが理想
企業の規模によっては難しいのですが、必ず2人以上のチームとすること。できれば両方の視点が必要なため男女混合が可。

リーダーの専任
単純に「子供がいるから」などの理由では不可。
リーダーシップと調整力・問題意識が大事であり、性別や配偶者・子供の有無はあまりこだわる必要はない。

ワーキンググループの活用
担当者だけではなく、各部署におきたい協力者。
(例:営業所に一人予備担当を置くなど)。

まとめ(企業の規模により体制はまったく違いますが)
専任メンバーを含むプロジェクトチームを設け、リーダーを決定し、各部門の現場とプロジェクトチームを結ぶ協力体制を構築する。

ふい〜。よく書いた。

3月6日第2回士業コンサルタント・開業成功セミナー開催決定


今日もゆるくがんばりましょう。




posted by 社労士箕輪 at 07:32 | Comment(0) | ワークライフバランス導入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※現在、経済産業省後援ドリームゲート専任アドバイザー、又同団体で助成金ナビも連載中! ※融資と経営無料メールレポートのご案内(作成:箕輪和秀)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。